北海校友会について
会長挨拶
1885年(明治18)
札幌区南2条西1丁目に北海英語学校設立。
校長大津和多理、校主小平元勞。
1887年(明治20)
浅羽靖、校長となる(のち校主)。
1901年(明治34)
中学部設立。
1905年(明治38)
私立北海中学校設立。
1909年(明治42)
豊平の現在地に移転完成。
校旗・校歌を制定。
1911年(明治44)
北駕文庫設立。「学訓」(26条)を制定。
1915年(大正4)
戸津高知、校長となる。
1920年(大正9)
札幌商業学校設立。
1948年(昭和23)
大森初太郎、校長となる。
学制改革により北海中学は北海高等学校となる。
新制中学校を併置。
1950年(昭和25)
北海短期大学設立。1952年、北海学園大学となる。
1958年(昭和33)
北海短期大学設立。1952年、北海学園大学となる。
1964年(昭和39)
寄宿舎健友寮、新体育館落成。
1966年(昭和41)
斎藤堅、校長となる。
1969年(昭和44)
中学校廃止。
1970年(昭和45)
伊藤正造、校長となる。
1971年(昭和46)
上野宏、校長となる。
1977年(昭和52)
北海学園北見大学設立。(2006年、北海商科大学として札幌に移転。)
1978年(昭和53)
北海英語学校設立の1885年を本校の創立年と決定。
旧北海中学校校舎、北海道開拓の村へ移転のため解体始まる。
1981年(昭和56)
第二体育館落成。
1982年(昭和57)
波田正則、校長となる。
1985年(昭和60)
北海高校創立百周年記念式典。
「わだつみ像」除幕式
1987年(昭和62)
幸村欣司、校長となる。
1995年(平成7)
杉本和紀、校長となる。
1999年(平成11)
男女共学へ移行。
2000年(平成12)
校舎(3号館)落成。
2007年(平成19)
北明邦雄、校長となる。
2013年(平成25)
山崎省一、校長となる。
北海高等学校